FC2ブログ
快楽地獄責めで調教されて来た女達の醜態をあからさまに公開! 快楽地獄責め・ファッキングマシーン・鬼電マ責め・クリ肥大化・BDSM・拘束具 等を使った調教は、どうやって生まれたのか?!過去の奴隷達は・・・今明かされる
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:39:14
mnbmbnmb

週末を如何お過ごしでしょうか?
なかなか更新が出来ずに申し訳ありません。
次回からは、早い更新を心掛けますのでよろしくお願いします。

桜も散り始めた関東地方ですが、今年は井伊は波が出来ましたか?
可愛いペットと花見をしたいものです。

さあ、本日も最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

貴女も快楽調教を受けてみては如何ですか?
人生一度きりですから。



【第一章 裏切りと後悔 ②】



タクシーの中で焦る心をひた隠しながら、早く送り届けねばと焦る私。
隣では、ぐったりとして私にもたれ掛かっている里香。
細い体を押し付けて来るから、体に似合わない大きな胸がグイグイ腕に当たるからおかしな気分になってしまいそうだった。

暫くすると里香が住むアパートにタクシーは到着した。

「ここで良いですか?」

運転手がぶっきらぼうに問いかける。

「あ、はい、ここで良いです」

「先輩。先輩?・・・先輩!着きましたよ」

「う、う~~ん・・・」

『こりゃあ駄目だ、運転手さんに迷惑掛けてしまう。取り敢えず降ろすか』

素早く精算を済ませると、反対側のドアから降りて、回り込んで先輩を抱きかかえる様にしてタクシーから降ろした。

「先輩!起きて!部屋は何号室なんですか?」

ふと見ると里香先輩は、アパートの2階を指していた。
『おいおい!起きているんじゃないですか?』って言いたくなるのを我慢して里香を抱えながら階段を昇る。
結構、人を連れて歩くのって大変だ。
ましてや酔っているもんだから、バランスを崩しやすい。

『何処の部屋だ?』

「あの?せっ!うん?」

里香先輩の伸びた腕は、すぐそばの部屋を指していた。


 

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

「ここですね?これで一安心だ・・・うん?」

差し出された鍵・・・。
先輩は、次に部屋の鍵を差し出している。

『開けろって事か。まったく何でもかんでもやらせおって・・・ハイハイ開けますよ』

手から鍵を受け取ると、部屋の鍵を開けて玄関に入る。
電気のスイッチを入れると薄暗い部屋がパッと明るく照らし出される。
部屋は、綺麗で女の子らしい部屋だ。
『あーいかんいかん。早く帰らねば。女性の部屋に居るところを誰かに見られたらあらぬ誤解を受ける』

「さあ先輩、部屋に着きましたよ。ちゃんとベッドで寝て下さいね」

私は、里香先輩を玄関に座らせると、すぐにその場を立ち去ろうと背を向けた。

「えっ?!」

服を引っ張られて進めない・・・
後ろを振り向くと、里香が私の上着の裾を持って居た。

「せ、先輩?」

「・・・ベッドまで連れて行って」

「えっ?」

「もう一度言わせる気?」

低い声で言われて私は、驚いたがこれはもう従うしかないと思うに十分だった。
里香先輩の靴を脱がせると、自分も靴を脱いで腕を肩に回すと持ち上げてベッドまで何とか連れて行った。
ベッドに倒れ込む様にして里香先輩をベッドに寝かせると、起き上がって帰ろうとして先輩の顔を見た。

『えっ!?先輩・・俺を見てる』

「眼が覚めたんですか?先輩。そろそろ帰りますね」

立ち上がろうとした瞬間、体のバランスが崩れて里香の上に覆い被さる様になってしまった。
すぐに起き上がろうとした瞬間、腕を首に回されて引き寄せられた。

「なっ!せ、先輩っ!帰りますよっ!」

「私の事、キライか?」

「な、何を急に・・」

顔が赤くなっているって自分でも判る。
落ち着いて話す事で、相手を落ち着かせようと私は里香先輩を見ながら話した。

「さあ、先輩まだ酔っている様ですから、ゆっくり寝て下さい。それとも・・・お水持って来ましょうか?」

精一杯の笑顔で話した。

「質問に答えていないぞアキラ」

少し怒り気味で話す里香。
この場の状況から考えるに、後戻りできる見込みは少ない。
しかし、ここで何かあると憧れの広沢先輩との関係はダメになってしまう。
ここは、はっきりと断らなければ。

「あの・・」

「答えなさいよ意気地なし」

「え?」

その言葉に一瞬イラッとしてしまったが、すぐに冷静に戻れた。
困った顔をして里香先輩を見ると先輩は真っ直ぐ私を見ている。

『この視線・・・前にも感じたような・・・』

思い出すと、部活に入ってから何度もこの視線を感じて居る事に気が付いていたがそれが里香先輩だったなんて。
固まったまま動かない私に、里香先輩は腕に力を入れて胸に顔を押し付けた。

『や、柔らかくて気持ちが良いっ!』

「やっとアキラを独り占め出来た」

「えっ?」

「私、貴方が好きよ。始めてみた時から好きになってた」

『く、苦しいっ!』

プハ――ッ!

「な、何です急に!」

胸の谷間で窒息しそうになったが、必死で脱出した私に先輩は驚く話を続けた。

「君が、ひとみを好きな事も知ってる」

『バレてるし』

「その驚いた顔、図星だろう?まあ、あれだけ露骨に態度に出していれば誰でも判るけどね1人を除いては」

みんな知っていたとは、恥ずかし過ぎてもう一度豊満な胸の中に隠れたくなる程だった。
それにしてもその鈍感な1人って誰なんだろう。
勇気を出して私は、里香先輩に聞いてみた。

「あの、その1人って誰です?」

「はぁ?あんたも相当の鈍感だね」

「あ、イヤぁ~その~」

思わず吹き出した笑いを堪えるのが必死って感じで笑っていた先輩。
こっちは真面目に判らないのだ。

「鈍感同士じゃねぇ・・実る恋も実らないか」

私は、色々と考えてみたが思いつかない。

「これだから結ばれない訳だね。お蔭で私は手に入れられた」

「どういう事ですか?」

気になって仕方がない。誰なんだ?

「ひとみだよ。あんたが好きなひとみが一番あんたの気持ちを受け止めていないんだ」

『なっ!』

そんな・・・あんなにいつも見ていたし、どれだけいつも傍に居たと思うんだ。
バンド練習でも、普段何気なく付き合わされる買い物とか、気持ちがあるからだって勘違いしていた。
聴けば、ひとみ先輩は恋愛経験無いらしい。
だからあんなに無防備なんだと。

「私は、アキラがひとみが好きでも構わない、必ず忘れさせて見せる」

「ぁ・・」

気が付けば、キスされて里香先輩が私の上に跨っている。

「私が忘れさせてあげる・・・」

首筋をキス責めされ、舌を這わされてくすぐったいが気持ちが良い。
あっという間に上半身を裸にされて腕や胸も舌を使った愛撫で思わず勃起してしまった。
それをすかさず察知した里香先輩は、股間に手を置いて軽く撫で上げる。

「ほら・・素直なんだ。こんなに大きくなってる」

ベルトを外され、あっという間に裸にされてしまった。
受験勉強や入学で忙しくて女の温もりも忘れかけていた。
久し振りの女性との交わり、積極的に責めまくられた事なんて無かったので、とても濃厚でポイントを押えた責めで体も心もメロメロだ。

私も、負けじと里香の服を脱がせると、細い体に豊満な形の良い胸が現れた。
今度は、体制を入れ替えて私が里香を上から下まで口と舌で愛撫する。
体から香る、甘く蕩けそうな匂いに心も体も爆発寸前だった。

「アキラ・・シャワー浴びてない・・・待って・・ぁあ・・だめぇ・・ぁあ・・」

甘く香る股間の一番敏感なクリトリスを舌を使って皮をめくり上げて剥き出しにすると、吸ったり舌で転がしたりして勃起したクリトリスを念入りに責め続けた。

「ぁああっ・・き、気持ちがいい・・・ぁあん・・だ、だめぇ・・ぁあっ」

両方の乳首を指先でクリクリと転がしながら、勃起してパンパンになったクリトリスをチューチュー吸ったり舌で転がしたりして甚振り続ける。
次第に、脚が痙攣し始め里香の喘ぎ声も大きくなる。

「ぃゃぁあっ・・なんか・・い、いっちゃいそうだよ・・ぁあ・・ぅう」

私は、そんな事など無視して乳首とクリトリス責めを続けた。
次第に足の痙攣が激しくなり、腰まで痙攣し始めた。
乳首もコリコリに勃起して指で転がす度に、里香は悦んで声を上げる。
そろそろイキそうになった段階で私は、クリも乳首も責めるのを止めてやった。

「どうしたの?なんで止めたの?ねぇ・・続けて・・」

私は、それでも暫くはそのままにしてから、もう一度乳首責めとクリ責めを開始した。
さっきよりも喘ぎ声が大きくなり、刺激が更に高まった様だ。

「ぁああっ・・だめぇえ・・イキそうだよ・・アキラ・・イクょぉ!」

私は、その瞬間動きを止めた。

「あーん!なんで止めるの!もう少しでイキそうだったのにぃい!止めたらダメぇ!」

しかし、散々じらしてからまた同じ事を繰り返す。
これを10回ほど繰り返していたら、もう涙目になって私にイカせて欲しいとせがむ始末。
乳首責めを1つにして、余った手でマンコに指を入れてみた。

「ぉおお!凄いトロトロだよココ」

「は、恥ずかしいよお・・ぁああ・・ぃいいっ・・あん・・」

指を奥まで入れると、Gスポット辺りを指の腹でグッと押し込んだり擦り上げたりしてやる。
声は、益々大きくなりクリを舌で舐め上げると、もうヒーヒー言っている。

「どうしたんですか?そんなに感じますか先輩?」

意地悪く言うと里香先輩は、喘ぎながら叫ぶ。

「アキラ!里香って呼んでぇ!ぁああ・・ぉおお・・・ぅぁあん」

「里香先輩、こんな所に入れた指を出し入れしたらどうなりますかね?」

私は、そう言うとマンコの中に入れた2本の指を、激しく出し入れしながらクリトリスを舌で舐めたり吸ったりし続けた。もちろん乳首もクリクリしている。

「ぁああっ!アキラいっちゃうよぉ!いくっ!ぁああっ!いく―――っ!」

散々焦らされた挙句イかされた里香は、激しく全身を痙攣させるとアクメに達してしまった。
しかし、まだ1回目だ。
イッたマンコを執拗に責め続け、クリをレロレロしているとすぐに2回目のイキに達する。

「だめぇえ!!いっちゃったぁああっ!ぁああん・・ぅううーん・・ぁああはぁはぁ」

それでも、また続けようとした時、顔を両手で捕まれてベッドの反対側に飛ばされた。
ビックリして起き上がろうとした時、チンポに熱い快感が走った。
見ると、里香が私のチンポを咥えて激しくフェラをしているではないか。

『うううおお・・き、気持ちがいい・・・舌使いも吸い上げる感じも凄い』

下を見ると、フェラをする先輩と眼が合った。
すると『どうだ!』と言わんばかりの目線で激しくフェラをする里香。

「くぁっ」

思わず声を出してしまった。
完全に形勢逆転だ。
このままイカされてしまったら私は、里香の彼氏になり下僕となりそうだ。
そうはさせまいと、里香の頭を押さえると吸い上げる口をチンポから抜き取った。

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

里香も息が荒く、相当体力を使っている様だった。
私は、そのまま里香を手前に引き寄せると、カチカチになったチンポを白濁汁でヌルヌルになったマンコに根元まで勃起チンポを突き刺してやった。

「ふんっ!」

「うぐぅっ!ぁあぅ・・・」

濃密なねっとりとした海の中で私のチンポは里香の膣壁に締め上げられる。
激しくピストンすると、腰を浮かそうとするので手で押さえつつも下から突き上げた。

「うぁあっ!いやぁあ・・き、気持ちがいいよぉおアキラ・・アキラ・・大好き・・ぁあぁあ・・」

気が付けばひとみ先輩の事など忘れていた。

『何やってんだ俺』

我に返った私は、里香が絶叫と共にイキ果てたと共に押しのけてベッドから出ると、急いで服を着て支度した。

「アキラ?どうしたの?帰るの?」

「・・・は、はい・・すみません・・・なんか俺・・・すいません・・・」

頭の中は、広沢先輩の事で一杯だった。

『信用しているからね!里香をお願いね』

そう言ってくれた広沢先輩を裏切ってしまった。

『帰らなきゃ・・・会って本当の事を言わなきゃ・・・』

突然、背中にしがみ付いてくる里香。

「行かないで!いっちゃいやだ!アキラ!好きなんだよ!」

「・・すみません・・・こんな中途半端な事して・・・でも、やっぱり・・行かなきゃ」

私は、スニーカーを履くと里香の方を向いて一礼して外に出た。

「私、諦めないから!ひとみが居たって負けないから!」

部屋から飛び出すとき、里香先輩が叫んでいる声が聞こえたが、私にはもう広沢先輩の事以外考えられなかった。

『早く帰らなきゃ・・・何をやっているんだ俺・・・』

朝靄の中、走って走って走りまくった。


次回へ続く・・・



如何でしたか今回の調教は?

この後、意外な展開が待っていました。
今思い出しても、この時期から何処か歯車が狂ってしまった様な・・・

さあ、次回はどうなってしまうのか!
更新をお楽しみにお待ち下さい♪




【お知らせ】

別冊「死ぬほど感じ隊!」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)は、ここをクリック!
別冊入口⇒ http://zigokumaru.blog52.fc2.com/
欲しかったあのラブグッズを買いましたか?地獄丸お勧めのアダルトグッズが1 NIGHT HEAVENから発売されています。また、安くて信頼の出来るNLSのアダルトショップで良い物を探してみては?
今回の注目商品は、1NHでお手軽なマシンバイブの、ジャックスハンマーセックスマシーンがお勧めです!

私への連絡:LlNE:zigokumaru 
        Mail:zigoku69sm@gmail.com


【注意喚起】

ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。 当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい! 当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします ※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。 報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。 当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。   この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。 ※著作権法遵守について 2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。 違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。 詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。詳しくはこちらをクリック私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。 引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事を、改めてお願 い致します。

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Theme:SM・拷問・調教・凌辱  Genre:アダルト│ Tag:フェチズム│ Tag:奴隷飼い│ Tag:SEXマシン│ Tag:性奴隷│ Tag:2穴責め│ Tag:寸止め地獄責め調教│ Tag:クリ肥大化│ Tag:連続イキ調教│ Tag:快楽地獄責め調教│ Tag:SM調教│ Category:調教日記│ コメント:--│ トラックバック :--
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

地獄丸

Author:地獄丸
【全国快楽地獄責めの会】会長。
調教歴27年の快楽調教師です。実践と経験、医学的見知から立証された快楽のツボ開発をBDSMを基本に、最高最強のイキを与え続けた真実の過去の記録をダイジェストにてBlogで紹介しております。また、肉体面・メンタル面のケアも大切です。 フェチ・変態・SEXマシン責め・クリ肥大化・寸止め・連続イキ責め・快楽地獄責め・鬼電マ責め・緊縛・潮吹き・アナル責め・媚薬・完全拘束・ポルチオ/G・P・AF等スポット責め・鬼クリ責め 等、今までイケなかった人、イキの弱い人でも、SMを基本としたもので教授します。LlNE:zigokumaru / mail:zigoku69sm@gmail.com
【注意】ここの閲覧は18歳未満厳禁です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地獄丸推薦リンク
下記画像をクリックで別冊へGo!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
1日1回ワンクリック!

FC2Blog Ranking

地獄丸のBDSM SNSは画像をクリック
更新ランキング!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
9614位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
379位
アクセスランキングを見る>>
地獄丸へ問い合わせ(画像をタッチ)


ご質問・ご相談は、こちらから
フォローミー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
相互リンク・バナー用
相互リンク・バナー用小 xzxczx 相互リンク・バナー用大 bccvcv
総訪問者様
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。