FC2ブログ
快楽地獄責めで調教されて来た女達の醜態をあからさまに公開! 快楽地獄責め・ファッキングマシーン・鬼電マ責め・クリ肥大化・BDSM・拘束具 等を使った調教は、どうやって生まれたのか?!過去の奴隷達は・・・今明かされる
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:29:17
yfhfhgh

皆様、猛暑が続き、日本全国で異常気象による災害が起きています。
久し振りの更新となりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
くれぐれも体調管理をしっかりなさって下さい。

今回は、まさかの展開に、二転三転の事件が起きました。
その時の模様を最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さい。


【第三章 運命の扉 悪の紋章 1-③】

同じ部屋に先輩が3人・・それも、全員と関係を持ってしまっている。
そして、今やお互いが恋敵の様な不穏な空気が漂っているのだ。

『まずい・・・なんとかこの場を凌がねば・・バンド活動がぁあ!バラ色の学生生活がぁあっ!』

シュワ―――ッ!

気が付けばヤカンのお湯は沸騰していて、白い蒸気を吹き上げていた。
私は、火加減を調整しつつ、それぞれのカップを用意した。
私と彩芽先輩はコーヒーで、里香先輩と涼子先輩は紅茶だ。
それぞれを作り終えると、お皿とお盆を持ってリビングに戻るとそれぞれに渡した。

「お~!サンキュー!」「ありがとう!」「どうも」

三人は、手に取ったものを飲むと、張り詰めた空気が消えて少し落ち着いた様だった。

「それにしてもこんなに沢山のパンが揃うとはね!
みんな何を買って来たかを見ようじゃない?!」

一番最初に口を開いたのは里香先輩だった。

3つの袋からパンを取り出すと、皿に置いた。
するとどういう事だろうか、様々な種類のパンが揃ったのだ。
全部で15個あったが、どれひとつとして同じものは無かった。

「す、凄いですねぇ・・・」

私が思わず声を出すと、みんなは顔をそろえて頷いていた。

「見事にバラバラだね」

「ここまで揃わないって凄いわね」

「好みが違うって事なのねぇ・・」

それは、彼女たちが私と食べようとして買って来たものだ。
それぞれの気持ちの籠った品物だ。
私が好きであろう、一緒に食べたいと思って買ったものだ。

「見事にバラバラですね」

思わず口から出てしまった。

「本当だね!それはきっと個性と同じさ」

確かにそうだった。
この三人に限らず、バンドメンバーはここまでも違うかと言う程に
性格や好みが違った。
にもかかわらず、私と言う存在を好んだのは何か意味があったのだろうか?
それは今尚判らないままだ・・・


 

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

皆でパンを食べ終わり、さっきのギスギスとした空気が嘘の様に和んでいて
色々な話で盛り上がっていた。
休みの日に、こんなに我が家が賑わった事は無かった。

「しかし、日曜日に同じ場所に集まるなんて不思議だねぇ」

里香先輩がしみじみと言うと、みんなも不思議そうな顔をして頷いた。

「ねぇ?その左手首の包帯はどうしたの?」

いきなり涼子先輩に聞かれてドキっとした。

「あっ!これですか?これは近所の犬と遊んでいて噛まれたんです」

こんな答えを返すので精一杯だったし、
まさか、由紀先輩が噛みついたなんて言える筈も無かった。
子供の頃に親同士で結婚させる話になっている事など
とても言える筈もない。
何よりも、ここに揃っている全ての人と肉体関係を結んだ事もだ。

「お医者様に行かなくて大丈夫なの?」

涼子先輩が心配そうな顔で私の腕を見ている。
私は、腕を後ろにサッと隠すと、笑顔で答えた。

「ちゃんと狂犬病の注射は打っているそうですし、大した怪我では無いので
ちゃんと消毒して薬も塗っているから大丈夫です」

すると、里香先輩が私の腕を掴んでキツイ口調で叫んだ。

「こら!ジッとしてろ!怪我を見てやるから」

「痛っ!イタタタッ・・!ダメですよ!痛いっ!」

「見せなさいよっ!」

そんなやり取りを見ていた彩芽先輩が、立ち上がると割って入った。

「もう止めなさいよ!嫌がっているじゃない。子供みたいに。離しなさい!」

そう言うと、私の腕から里香先輩の腕を引き離した。

「なんだよ!判ったってば!私は心配してだなっ」

「それはそれ!やり過ぎなのよ」

「判ったよ・・。病院行きなよ。腕が動かないとギター弾ける奴が居なくて困るし」

それは、里香先輩なりの優しさだったのだが、今はそっとしておいて欲しかった。
また、どんよりとした空気が漂ってしまったが、
それを払拭する様に涼子先輩が私に質問をして来た。

「ねぇーねぇー。この家ってとっても広いんだけど探検しても良いかな?」

突然の質問に驚きはしたが、屋敷の探検を快諾した。
実際、自分でも驚くほどの広さだったし、掃除するにも一苦労だ。
それにあの隠し部屋は見付けられないだろう。

ひと通り見終わった所で、里香先輩が帰ると言い出した。
そして涼子先輩も一緒に帰ると。
残った彩芽先輩は、片付けを手伝ってから帰ると言って残ってくれた。

「じゃあ、また学校で。変な事するなよアキラ!」

不服そうな顔をして私を睨んでいる里香先輩。
そんな里香先輩の腕を引っ張って涼子先輩はニコニコ笑いながら帰って行った。
残された二人は、部屋の片付けを黙々としていた。

「アキラく~ん!少し休んでいていいのよぉ~。後は私がやるから大丈夫」

「そ、そんな悪いですよ先輩」

彩芽先輩は私のところへゆっくりと近付いてくる。
その顔は、何かを企んでいる様だった。
唇をペロリと舐めて、うっすらと微笑んでいる。

「ふっふっふっ・・・どうしたのぉ~?」

「い、いえ何も・・・」

どんどん近づいてくる・・・
もう目の前に居る先輩。
胸元から胸の割れ目が見えていて、頭に血が昇って行くのが判る。
ぁあ・・・下半身にもだ・・・

「どうしたのかなぁ~?ふふん。なんで顔を紅くしてるのかなぁ~?ねぇ~?」

「な、なんでもありませ~~ん!!」

先輩に覆い被されるようにソファーに倒されると、
その細く長い指でTシャツの中を弄る様に愛撫して来る。

『なんて気持ちが良いんだ・・り、理性がぁ・・・ぁああ』

「せ、先輩っ!」

背中に手を回すと思い切り抱き締める。
唇を重ね合わせ、夢中になって舌を絡み合わせた。

「ぁああん・・・もう・・・アキラくんたらぁ~ぁぁあん・・」

その胸を解放してやる為に、ブラのホックを外すとブラウスをめくり上げて
その柔らかい胸に吸い付いていた。

「ぁああん・・気持ちが良いのぉ~もっと気持ち良くしてぇ~アキラく~ん」

「は、はい・・先輩・・もっともっと気持ち良くなってください」

まるで子供の様にしがみ付いて胸を揉みながらピンク色の乳首を吸い上げていた。
コロコロと口の中で舌を使って乳首を刺激し、
もう片方の手で反対側の乳首をコリコリと摘まみ上げて愛撫した。

「うう~ん・・ぁああっ・・・ぉおお・・んんっ・・ああっ・・気持ちがいい・・」

体の向きを変えて、彩芽先輩をベッドの上に寝かせてスカートを引き下げた。
黒く小さな紐パンが目の前に現れた。
私は、下着の上からクリトリスを舌で刺激する。

「ぁああん!気持ちいぃ・・くぁああ・・・もっとしてぇ~」

唾液と愛液で濡れたパンティーを剥ぎ取る為、腰の両側の腰紐を引っ張った。
スルッと紐は解けて縦筋の割れ目が現れた。
顔を近づけると甘い香りがする。

「ふふ・・先輩の匂いだ・・」

「いやぁあっ!恥ずかしい!そんな事しちゃだめぇ~!ぁああ・・・」

盛り上がった割れ目を両手で押し拡げると、パックリと肉が裂けたように
ピンク色のマンコが現れた。
プックリと顔を出しているクリトリスを指で軽く突くと激しく先輩は声を上げた。

「ひぃいいっ!ぁああああっ!だめぇえ~アキラぁ~!」

そんな言葉を聞いたら我慢できない、むしろ興奮してクリトリスに吸い付いた。
そして、指で皮を引っ張ると剥き出しにされたクリトリスに舌を這わせる。

「ぁあああっ!ぁああん・・・き、気持ちいい・・っぁああん・・いやぁあああっ!」

更に口をつぼめてクリトリスをチュポチュポと吸ったり出したりを繰り返す。
そしてまた、強く口に含んで吸い上げる。
これを何度も繰り返す。

太腿が痙攣しだし、乳首に手を持って行くとカチカチに勃起している。
両乳首をコリコリと愛撫しながら、クリトリスを舐め上げ吸いまくった。

「ぁああん!あああん!気持ち良い気持ちい――っ!ぉおおおお~~っ!」

舌を割れ目沿いに這わすと、マン汁が溢れかえってヌルヌルだ。
再びクリトリスを舐めたりしながら、ヌルヌルマンコに指を挿入する。
簡単に奥まで入ってしまう。
中は熱くて肉が絡み付く様にヒクヒクと蠢いている。

「ぉおおおお~~っ!奥がぁ・・感じるぅうう!くぁあああっ!」

チュパチュパと勃起クリトリスを吸いまくりながら、
マンコの中で指をゆっくりと動かしながら肉壁を掻き混ぜる。
子宮口のへそ下あたりを突くと、一層大きな声を上げて喘ぐ彩芽先輩。

「そ、そこだめぇええ!凄いの~凄いの~気持ちいいの~~っ!ああああっ!」

念入りにポルチオ性感帯を指で刺激しながら、クリトリスを激しく振動させると
あっという間にイキ果てる彩芽先輩。

「ぁああああっ!い、イク――ッ!イッチャウよぉおおお!イク――ッ!!ぉおおおおっ!ひぎぃいいっ!ぁあああ・・・ああ・・ん・・」

指を抜くとマンコを押し拡げて、グチュグチュのマンコからアナルまで舐め上げる。
アナルまでヒクヒクしているのが判る。
舐める度に体がビクビクと痙攣しているのが判る。

「もう・・ぁああ・・そんなところだめぇ~・・ぁああん・・」

先輩は体を曲げると、私の体をしなやかな指で弄った。
乳首を刺激し、感じたところでジッパーを下し、
カチカチになったチンポを引き出して扱き始める。

「くっ・・・」

体を起こしてチンポを顔の前に出すと、そのイヤラシイ口でパクリと飲み込んだ。
次の瞬間、喉の奥底まで吸い込まれ舌で裏筋をレロレロと舐められると
頭の中は快楽物質が一気に放出され、体の力が抜け落ちた。

「おいひい・・レロレロ・・チュポチュポ・・うむうむ・・チュパッ」

同時に乳首を刺激されて、はち切れそうなくらいにチンポはパンパンになっていた。
それを何度も喉奥までピストンされたり、
時には唾液タップリ付けた手で亀頭を刺激される。

「ぐぅはぁあっ!」

「気持ちいのぉ~?むぅ~ちゅぽちゅぽっ・・・
ほらぁ~パンパンでヒクヒクしてるのぉ~」

先輩のチンポ責めは最高に気持ち良く、そして焦らしては悦ぶのだ。
イキそうでイケない状態をずっと続けられるのだ。
気が付けばその状態を30分近くもされていた。
頭は真っ白で、気持ちが良い以外は考えられない。
完全に虜にされてしまうのだ。

「う~ん・・そろそろ良いかなぁ~」

やっと満足したのだろうか。
彩芽先輩は、ぐったりとソファーに寝そべっている私のフル勃起チンポに跨ると、
ヌルヌルまんこの奥深くまで一気に挿入させた。

「んはぁっ!うああああん!ぁあああ・・・いいっ!」

マンコにチンポが入った瞬間、チンポに電気が走ったかのような凄い刺激が走る。
肉ヒダがまとわり付き、チンポの根元から先端まで快楽を与える。
腰を振られる度にその快感は増していき、あっという間に昇りつめてくる。

「せ、先輩・・い、いく・・ぅうう・・」

「だ、だめぇえ!もう少しで私もイクのぉ~イク時は一緒なのぉ~ぉおおおっ!」

「ぐぅうう・・・」

「ぁあああっ・・・ぉおおお・・・イキそうだわぁ~ぃいい・・・いいっ!」

ピストンが激しくなり、先輩は自分の胸を揉みながら一心不乱に腰を振る。
私は、そんな先輩の尻を掴んで、腰を動かす。
ヒクヒクとマンコの中が動き出しチンポに激しい刺激が伝わると
一気に快感が昇りつめて来た。

「ぁああ・・い・・いくっ!」

「はぁあああっ!イクイクイク・・イク――ッ!!あっ!ぁあああっ!んぁああっ」

腰を激しく振られたまま、チンポを引き抜く暇もなく先輩の中でイキ果てた。
腰をゆっくりと動かしながら私にしがみ付くと、唇を吸い上げて来る先輩。
グチュグチュとマンコから精液が溢れ出し、
股間が熱くなるのを感じながらいつしか眠りに付いてしまった。

「ぅう・・」

眼が覚めた私は、先輩が居ない事にすぐに気が付いた。
乱れた服は綺麗にされて、毛布が掛けられていた。

「あ、あれ?帰ったのかな?」

部屋に先輩の気配が無い。
きっと家に帰ったのだろう。
あれから何時間経ったのか、時計を見ると2時間程寝てしまっていた様だ。

トイレに行くために部屋を出て、トイレに向かう。

ガタッ!

トイレで用をたしていると、天井から音がした。
トイレから出ると音のした二階へ行ってみる。
廊下の奥に明かりが漏れていた。

『だ、誰か居るのか?・・・まさか先輩?』

その部屋の前に来るとそこは一番奥の部屋だった。
私は恐る恐る部屋のドアを開けた。

「せ、先輩?何しているんですか?」

「・・・」

そこには誰も居なかった。

気のせいなのか。
電気を消して外に出ようとした時だった。

ゴトッ!

『だ、誰か居る』

その音は、確かに上からしていた。

『ま、まさか・・・』

その音は、隠し部屋になっている3階から聞こえている様だった。
奥の隠し扉の所へ行くと、ほんの少し隙間が出来ている。
ゆっくりとドアを開けると、私は階段を上がって隠し部屋へと向かった。

『せ、先輩・・そこは・・ダメなんです・・』

階段を昇り終えると、部屋の扉が少し開いている。
そっと覗き込むとそこには彩芽先輩が立っていた。

『ぁああ・・なんてことだ・・秘密の部屋が・・もう隠しきれない・・
どうしたら・・どう説明したら良いんだ!』

「そこに居るんでしょう?アキラくん」

私は、ビクッとした。
私がここに居るのを知っているのだ。

『一族の秘密がバレてしまう。
何とかしなきゃどうにかしなきゃ・・考えるんだ!』

彩芽先輩は振り向きながら問いかけて来た。

「アキラくん・・ここが何か私に教えてくれないかな?」

私は、息を殺し気配を消してしまいたかった。
しかし、もう無理だ。
私は、頭が真っ白になったまま部屋の扉を開けた・・・


次回へ続く・・・


如何でしたか今回のお話は?

この時は、まさかに展開に私もパニック状態でした。
このままでは一族の危機と言うか、自分の危機です。
彩芽先輩をどうにかしなければなりませんでした。
その時とっさに取った私の行動は?

次回の更新をお楽しみに!




本家


SM Blogも、絶賛連載開始しております!**死ぬほど感じ隊!**『とある快楽師の調教物語』もよろしく!
【お知らせ】

元祖!「死ぬほど感じ隊!」は、こちらをクリック!
死ぬほど感じ隊!の入口⇒http://zigokumaru69.blog.fc2.com/
別冊「死ぬほど感じ隊!」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)は、
ここをクリック
別冊入口⇒ 
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/
★地獄丸へのSM・快楽イキ地獄調教志願連絡は⇒ LlNE:zigokumaru
mail:zigoku69sm@gmail.com

これから志願する人は必ず調教の募集要項参照ください参考として観て下さい。すぐに出来なくても問題ありません。
 http://zigokumaru.blog52.fc2.com/blog-entry-8.html


【注意喚起】

ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。 当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい! 当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします ※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。 報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。 当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。


【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。   この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。 ※著作権法遵守について 2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。 違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。 詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。詳しくはこちらをクリック私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。 引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事を、改めてお願 い致します。 
ローテティング G&Pスポットマシン
ローテティング G&Pスポットマシン


スーパーチャージセックスマシーン
スーパーチャージセックスマシーン

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://zigokumaru69.blog.fc2.com/tb.php/21-dde58145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

地獄丸

Author:地獄丸
【全国快楽地獄責めの会】会長。
調教歴27年の快楽調教師です。実践と経験、医学的見知から立証された快楽のツボ開発をBDSMを基本に、最高最強のイキを与え続けた真実の過去の記録をダイジェストにてBlogで紹介しております。また、肉体面・メンタル面のケアも大切です。 フェチ・変態・SEXマシン責め・クリ肥大化・寸止め・連続イキ責め・快楽地獄責め・鬼電マ責め・緊縛・潮吹き・アナル責め・媚薬・完全拘束・ポルチオ/G・P・AF等スポット責め・鬼クリ責め 等、今までイケなかった人、イキの弱い人でも、SMを基本としたもので教授します。LlNE:zigokumaru / mail:zigoku69sm@gmail.com
【注意】ここの閲覧は18歳未満厳禁です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地獄丸推薦リンク
下記画像をクリックで別冊へGo!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
1日1回ワンクリック!

FC2Blog Ranking

地獄丸のBDSM SNSは画像をクリック
更新ランキング!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
11226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
484位
アクセスランキングを見る>>
地獄丸へ問い合わせ(画像をタッチ)


ご質問・ご相談は、こちらから
フォローミー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
相互リンク・バナー用
相互リンク・バナー用小 xzxczx 相互リンク・バナー用大 bccvcv
総訪問者様
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。