FC2ブログ
快楽地獄責めで調教されて来た女達の醜態をあからさまに公開! 快楽地獄責め・ファッキングマシーン・鬼電マ責め・クリ肥大化・BDSM・拘束具 等を使った調教は、どうやって生まれたのか?!過去の奴隷達は・・・今明かされる
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
16:45:24
jikkj

皆様、3連休を如何お過ごしでしょうか?
もうすぐ桜の季節ですね。
今年の花見は、晴れると良いですね♪

さあ、いよいよ本編に突入します!
最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さい!


【第一章 秘密の部屋 ①】


講義が終わると、部室で毎日バンド練習。
時には、渋谷の楽器店にあるレンタルスタジオを借りて練習した。
家に帰ると、バンドの持ち歌をテープが擦り切れる程聴いて耳コピした。
そして、寝る1時間前にはオリジナルの曲を書いていた。

すっかりバンドがメインの様な生活だ。

気が付けば入部して1ヶ月が経とうとしていた。
講義中も頭の中では、新曲のメロディーラインを考えていた。
憧れの広沢先輩と一緒に居られるだけで幸せだった。

広沢先輩は、良く私のところへ来ては曲のアイデアや作詞したノートを見せてくれた。

「ねぇーねぇー帰りに何か食べて帰ろうよ棚橋クン!」

バンド練習の帰りに、いつもならみんな正門の所でバラけるのに今日は珍しくみんな揃っていた。

 

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

「え?何か食べに行くんですか?」

驚いた顔で私に言葉を投げ返すリーダーの本田里香。

「おいおい!まさかレディーの誘いを断るんじゃなかろうなぁ~?」

腕を組むとグイグイと何度も引っ張るが、その度に痩せている割にはデカい胸が肘に当たって気持ちが良い・・・

【こんな胸を思いっきり弄ってこんなことやあんな事したり。。。】

「聞いているのか?!」

「イデデデッ!やめれくらはいよへんぱい~」

妄想に耽っていた私のほっぺたを里香が思いっきり引っ張ったのだ。

「人が話しているのに心ここにあらずって感じだったぞ!何を考えて来た言わんか!」

もう、どうにも収まりが付かないって感じで詰め寄って来る里香。
まさか、『先輩の体に似合わない大きな胸を揉んだり舐めたり吸ったりしてみたい』なんて、言ったら殺されそうだ。

「ほらまた!聞いているのか?答えろアキラ!」

「いらいれすよへんぱーい・・( ノД`)シクシク…」

本気で泣きたくなる位にキツク頬をつねられた。

「まあまあ、もう勘弁してあげてよ里香。そんなに抓ったらほっぺた取れちゃうよ!」

心配そうに広沢先輩が止めに入ってくれた。

「ふんっ!今度無視したらもっと酷い目に合わせてやるからなっ今日は命拾いしたなアキラ!他はどうでも良いが私を無視する事だけは許さんからな!判ったかアキラ!返事っ!」

ワーワーギャーギャー騒ぐ里香を大人しくさせる為にも私は少し大袈裟に謝って見せた。

「本田先輩の言う事をちゃんと聞きますからお許しください!」

「・・・お、おう・・判った・・もう、頭を上げなさいよ・・早くっ!」

深々と下げた頭を上げると、里香の前でジッと眼を見詰め落ち着いた声で私は謝罪した。

「こんな失礼な事もうしませんのでお許し頂けますか?」

里香は、顔を真っ赤にして眼を逸らすと、モジモジしながらそれを受入れた。

「わ、判ればいいのよ・・。いつまで見ているの?恥ずかしいんだよ馬鹿アキラ!」

いつの間にか名前で呼ばれるようになってしまっていた。
しかし、それは自然であり寧ろ気持ちが良かった。
ここ最近名前で呼んでくれる人が傍に居なかったからだろうか。
実は、里香は凄く奥手で恥ずかしがりやってその時判ったのだ。
いつもは気丈に振舞っていただけに、本性を現したって訳だ。

「ねー?どうなったのかしら?」

割って入ったのは、お嬢様ってイメージの大塚由紀先輩だった。
どことなく品があって、事実良いところのお嬢様だった。

「アキラが私の話を聞かないから焼き入れてやったのさ!」

里香が、気丈に振舞うと由紀は『ハイハイ』里香を嗜めて私の傍にやって来て、心配そうに語りかけた。

「大丈夫?折角の棚橋クンのバンド加入の歓迎会をやろうってみんなで決めてたのよ。ご予定があったのかしら?」

突然の歓迎かの話にビックリしてしまったが、事情が呑み込めたのですぐに返事をした。

「ほ、本当ですか!もちろん大丈夫ですよ!」

精一杯の笑顔で答えると、ホッとした顔で微笑む由紀。

「良かったわ。皆さん?棚橋クン予定は無いから行けますって!」
 
この言葉にみんなが笑顔で喜んではしゃいでいた。
女子のパワーは凄い。
3人集まればと言うが、ここは5人居るのだからそれは凄い迫力だった。
その後、場所を変えて小さな町のイタリアンレストランに行った。
どうやらここは、バンドが良く使う店らしく、店長さんや店員さんがフレンドリーだ。

グラスやお皿が並べられたテーブルに座ると、私の歓迎会が行われた。
色々と料理が運ばれて、気が付けば部長はお酒飲んでいるし。
お腹も膨れたので、二次会でカラオケボックスに移動して騒いだ。
1時間もするとなんだかお酒も入っていて滅茶苦茶になって入り乱れていた。
みんなで歌いまくって

「アキラ~!こっちへ来い!」

「え?僕ですか?」

里香が、また暴走している。アルコールも相当入っている様だ。
頷きながら手招きしているし、行かないと何をされるか判らない。
私は、覚悟を決めると里香の隣に移動してドキドキしていた。

「なあ?アキラは私の事どう思っている?」

突然この人は何を言い出すんだろうと思ったけれど、話を聞いていないと何をされるか判ったものではないので、必死に聞いていた。

「先輩!それはバンドリーダとしてですか?演奏とか?」

里香は、真面目な顔をして私の目の前に顔を近づけて来て、私の首に腕を回すと引き付けて眼を見ながら私に言い放つ。

「女としてどうかって聞いているんだ」

硬直しながら私は、即答した。

「もちろん魅力的です。強がっているけど本当は弱いところがあってそれを見せまいと強がっています。でも、それは精一杯の先輩の人への愛情表現だと思います」

ビックリした顔をして私を見ている里香。
しかし、心の中で他を見ている様だ。
私が、心配そうに里香を見ていると、戻って来たらしくハッとして私から腕を外すと、真っ赤な顔をしてモジモジしている。
それは酔っているからでは無く、明らかに女の顔だった。

「リーダー?里香先輩?どうしました?大丈夫ですか?」

里香は、恥ずかしそうにしながら私を見ると、すぐにまた俯いてしまった。
心配になった私は、顔を近づけて里香に声を掛けた。
カラオケの歌声が大きくて聞こえないのか反応が無い。

「先輩?大丈夫ですか?先輩!」

里香は、横を向くと私に何かを言っている様だ。
周りの音が大き過ぎて聞こえない。
もっと顔を近づけてもう一度声を掛けた。

「先輩?里香先輩?大丈夫ですか?気持ち悪いとか?お水持って来ましょうか?」

立ち去ろうとした腕を強く持たれて引き留められた。
後ろを見ると、里香が私の腕を掴んでいた。
再び席に戻ると、里香に体調を聞いた。

「だ、大丈夫だ・・・」

「それならいいんですが、顔色悪くないですか?気分が悪いなら水を持ってきます」

「そ、傍に居てくれ・・」

小さいな声で聞こえない。

「え?なんです?」

「傍に居てくれ!」

少し大きな声で言われたので、周りも一瞬チラッと見たが、すぐに歌に戻ってしまった。
相変わらず里香は私の腕を掴んで離そうとしない。
広沢先輩に見られたらって思うと気が気じゃ無かった。

「私に惚れさせるなよ・・・そんな事・・真顔で言われたら落ちるよ」

真っ赤な顔で話す里香は、酔っているからでは無く女の顔になっていて、既に惚れちまった状態になっていた。
なんと言う事だろうか、無理矢理言わされた挙句に勝手に好きになられてしまうなんて。
確かに、魅力的な女性だが私には憧れの広沢先輩がいるのだ。
この場は上手く引き離し、酔った上の事として逃げようとした。

「置いて行かないで送ってね・・少し酔ったみたいで歩けない・・・」

「え?あっ・・はい・・」

こんな事になるなんて、予期しない事だ。
タクシー読んでもらって逃げるしかない。
私は、カラオケが終わるとリーダーが酔っているのでタクシーを呼ぶからと言った。

ほどなくしてタクシーが来たので、みんなでタクシーまで里香を運んだ。

「里香?大丈夫?帰れる?」

広沢先輩が里香に心配そうに話しかける。

「うーーん・・・」

「方向が違うからなぁ・・・あ、そうだ!棚橋クン、一緒に帰ってあげてよ!方向近いし。ねっ!イイでしょう?」

まさか、広沢先輩がこんな事を言うとは・・・

「で、でも男女の事ですから間違いがあったらまずいので・・・」

「何言ってるの?そん事ある訳ないでしょう?信じているから行ってあげて。ね?」

広沢先輩は、そう言って私をタクシーに押し込んだ。
これが間違いのもとになるなんてこの時は誰も思っていなかった。
この日を境に、自分たちの周りで色々な事件が起きるとは想像も出来なかった。

あの時、タクシーに乗らなければ・・・


次回へ続く・・・


如何でしたか今回の調教は?

この後、何が待ち受けているのか気になりますね。
あの頃を想い出すと、初々しかった自分に照れてしまいます。
さあ、次回はどうなってしまうのか!
更新をお楽しみにお待ち下さい♪

如何でしたか今回のお話は?
序章と言う事もあって、調教シーンはありませんでした。
これからじっくりと、今後起きた事を書いて参ります。
お楽しみにお待ち下さい。




【お知らせ】

別冊「死ぬほど感じ隊!」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)は、ここをクリック!
別冊入口⇒ http://zigokumaru.blog52.fc2.com/
欲しかったあのラブグッズを買いましたか?地獄丸お勧めのアダルトグッズが1 NIGHT HEAVENから発売されています。また、安くて信頼の出来るNLSのアダルトショップで良い物を探してみては?
今回の注目商品は、1NHでお手軽なマシンバイブの、ジャックスハンマーセックスマシーンがお勧めです!
LlNE:zigokumaruかmail:zigoku69sm@gmail.com

【注意喚起】

ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。 当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい! 当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします ※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。 報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。 当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。

【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。   この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。 ※著作権法遵守について 2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。 違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。 詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。詳しくはこちらをクリック私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。 引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事を、改めてお願 い致します。

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

スポンサーサイト
[PR]



コメント
コメントの投稿










カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

地獄丸

Author:地獄丸
【全国快楽地獄&電マ責めの会】会長。
調教歴28年の快楽調教師です。実践と経験、医学的見知から立証された快楽のツボ開発をBDSMを基本に、最高最強のイキを与え続けた真実の過去の記録をダイジェストにてBlogで紹介しております。また、肉体面・メンタル面のケアも大切です。 フェチ・変態・SEXマシン責め・クリ肥大化・寸止め・連続イキ責め・快楽地獄責め・鬼電マ責め・緊縛・潮吹き・アナル責め・媚薬・完全拘束・ポルチオ/G・P・AF等スポット責め・鬼クリ責め 等、今までイケなかった人、イキの弱い人でも、SMを基本としたもので教授します。コンタクトはコチラから LlNE:zigokumaru / mail:zigoku69sm@gmail.com 
【注意】ここの閲覧は18歳未満厳禁です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地獄丸推薦リンク
下記画像をクリックで別冊へGo!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
1日1回ワンクリック!

FC2Blog Ranking

地獄丸のBDSM SNSは画像をクリック
更新ランキング!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
9113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
392位
アクセスランキングを見る>>
地獄丸へ問い合わせ(画像をタッチ)


ご質問・ご相談は、こちらから
フォローミー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
相互リンク・バナー用
相互リンク・バナー用小 xzxczx 相互リンク・バナー用大 bccvcv
総訪問者様
現在の閲覧者数: