FC2ブログ
快楽地獄責めで調教されて来た女達の醜態をあからさまに公開! 快楽地獄責め・ファッキングマシーン・鬼電マ責め・クリ肥大化・BDSM・拘束具 等を使った調教は、どうやって生まれたのか?!過去の奴隷達は・・・今明かされる
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:55:29
jghjghjg
皆様、クリスマスの3連休楽しく過ごされましたか?
素敵な聖夜になったでしょうか?
今年もあと少しですねぇ・・・

更新が遅れまして本当にすみません。
それでは今年最後の更新となります。
最後まで、ごゆっくりとお楽しみ下さい。


【第二章 ここからはじまる運命の出会い 1-②】


「先輩?気持ち悪いのに随分と元気そうですね・・・」

「あぁーん・・頭が割れそうに痛いのぉ~」

これは確信犯だな。
何かを企んでいるに違いないので、あまり深入りしない様にしてお帰り頂こう。

「もうっ!聞いてるの~?私は、目眩がしてフラフラするのぉ~」

少し口を尖らせて不満そうに答える由紀先輩。
その我儘っぷりは相当なものだった。

「ぁあ~判りましたぁ~だから落ち着いてぇ~」

それでも先輩は体をモジモジさせながら、私に訴え掛けて来るのだ。

「ねぇ~?ねぇ~てばぁ~!体が熱いぃ~のぉ~」

『うん?何かおかしいぞ・・・これってもしかして・・・』

私は、先輩の額に手を置くともう片方の手を自分の額に当てて熱を測った。

「ぅうう~~ん!何をしてるのよぉ~。体が熱いって言ってじゃな~い!」

そう言うと、先輩は私をソファーに押し倒す様にして上にのし掛かって来た....


 

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシン
 

「あぁっ!な、なにをするんですかぁ!」

「も~う~目眩がする~の~」

「そんな事言ってぇ~!なんで上に乗っかって来るんですかぁ~!」

「こんな私を放って置く気~?それとも介抱してくれるの~?どっち~?」

完全に襲われているって感じになっている。
ソファーでジタバタしているうちに完全に上に乗っかられてしまった。
先輩は、顔と顔がふれあうくらいまで顔を寄せ付けて来た。

「ねぇ~アキラく~ん・・介抱してくれる?
それとももっと気持ちが良くなる事知っているのかなぁ~?」

私は、先輩の誘惑に負けそうになっていた。
手が勝手に先輩のお尻を触ろうとワナワナと指が動く。
このまま誘惑に負けてしまわない様に必死に気を逸らす。

「う~ん?どうかなぁ~?ねぇ?ふっふっふっ」

「や、止めて下さい・・そんな事して怒られますよ」

「怒られる?誰にかなぁ~?ねぇ~アキラく~ん」

完全に遊ばれている。
と、言うよりも既に犯されかけている?
理性が壊れそうだった。

「くくく・・・」

「ほらぁ~アキラく~ん・・ふっふっふ・・・」

もう、限界だった。
こんな可愛い先輩が上に乗って来て、大きな胸を押し付けてくれば
大抵の男はやられてしまう。
そして私も限界が来ていた。

「や、ぁ・・・だ・・だめ・・先輩・・」

「さっきから股間辺りが熱いのぉ~何でかなぁ~?」

完全に勃起してしまっていた。
それを先輩に感じ取られてしまっている。
そりゃあそうだ、カチカチになったチンポはジーンズの上からでも判る。

「えいっ!」

おもむろに股間を先輩に掴まれた。

「うっ!なぁっ!」

「これな~に?なんでこんなに大きくなっているのかなぁ~?」

「そ、それは先輩が体を押し付けて来るからですよぉお!」

そう言って照れ隠しに顔を腕で隠した私の股間を擦りながら
意地悪く続けざまに質問責めだ。

「なんで大きくなったの~?私のせいなの?ねぇ~アキラく~ん答えて」

そんな恥ずかしい事を言えと言われて直ぐに言えるなら苦労はしない。
必死に別の事を考えて興奮した息子を大人しくさせようと必死だ。
飼っていた犬が死んだ時の事や、
お婆さんが亡くなった時の悲しい思い出を必死になって考えた。

「うん?」

効果があったようで、少しずつ大人しくなって来た。

『もう少しで平常時になるぞ!た、助けて婆ちゃん!』

「むぅっ!」

小さくなっていくチンポに気が付いた先輩は、それを不満げに見ている。
そして、すかさずズボンのベルトを外すと、ジーンズをずり下げた。
次に、先輩はパンツの上からチンポを擦りながら私の上に再びのし掛かって来た。
すると今度は、私のトレーナーをめくり上げて乳首を舐め上げたのだ。

「ひっ!ひぃ――っ!ぅううおおおっ!先輩っ!駄目です!」

それを聞いた由紀先輩は、不思議そうな顔で私を見ながら
舌で乳首をチロチロと舐めながら答えた。

「どうしたのぉ~?気持ちがいいの~?アキラくん・・大きくしてぇ」

「さ、さっき具合が悪いって言ってたじゃないですかぁあっ!ぁああっ!」

レロレロ~チュパッ!

「ぉおおおおっ!気持ちぃいい!」

笑みを見せながら手はパンツの中のチンポを握り締めて
シコシコと手コキを始める先輩。
それもイヤらしく裏筋から亀頭に掛けて撫で上げる様に
指をクルクルと回す様に動かす。

「ヒィ―――ッ!そ、それダメぇええっ!」

小悪魔チックな笑顔で見上げ顔で、舌をレロレロと動かす。
これでもかとチンポを扱き上げる。
腰がヒク付いて、完全に先輩の良い様に責められている。
体が痺れて思う様に動けずに、抵抗する事も出来ない。

「どうしたの?気持ちが良いの~?イキそう?ねぇ?まだイッちゃダメよ」

手コキでイキそうになる所まで見抜いていたとは
ただのお嬢様では無かったのか?!
それにしてもこのままでは本当にイカされてしまう。
なんとか体勢を変えて抜け出せば、こちらが主導権を握れるのだが。
あまりの気持ち良さに力が入らないのだ。

「ぁあ・・ぁああ・・・だ、ダメ!」

「ぁあっ!ほら~!イッちゃうのかな?出したいの?出すの?イクのぉ~!」

「はぁ~はぁ~はぁ~ぅううっ・・・くぅう・・・」

必死で我慢しているが、このまま手コキと乳首責めをされたらイってしまう。
必死にソファーの背もたれを持って、体をズラシてこの体勢から逃げようとした。
すると、うまい具合に体が上にズレてくれた。

「ぁああん!何処にいくの?動かないでぇ~!」

すると、由紀先輩は私のパンツをズルッと脱がしてしまった。
我慢汁で濡れたチンポが目の前にドーン!っと現れた。
ギョッとしてビックリした先輩だったが、すぐにその勃起チンポを
パクッと咥え込んで思いっきりジュポジュポとフェラを始めた。

「くぁあああっ!せん・・ぱい・・くぅう!」

ジュポジュポっ!はぁ~レロレロ~ジュポン!チュパッ!ジュポジュポ!

激しいフェラの気持ち良さに再び体はズルズルとソファーに崩れ落ちてしまった。
すると、待っていたかのように由紀先輩は、
まくれ上がったトレーナーを両手で押し上げると、
現れた両乳首を、同時にクリクリと指先で転がし愛撫をする。

「ぬううっ!おおおっ!あああ・・・」

先輩の舌使いは素晴らしく、舌が絡み付いて来ては、喉の奥まで吸い込まれ
引き抜く時に上あごの部分で亀頭を擦りつけられる。
その度に込み上げて来る快感。
今までに味わった事が無いテクニックだった。
世間知らずのお嬢様だと思っていたのに・・・

「気持ちがいいのぉ~出しても良いのよ~」

必死に我慢している私。
完全に支配されかけている。
このままではイカされてしまう。

「っぁああ!・・うん・・ぁあああ・・・気持ちが良い・・ぁあっ!」

ジュポジュポ・・レロレロ・・ちゅぽちゅぽ・・ジュポジュポ・・・

「はぁ~イっても良いのよぉ~。
でも、イッたらアキラ君は私のモノよ。他の人はダメよ・・ふふふ」

ジュポジュポッ!レロレロ・・ジュルルルウッ!

これはバキュームだ!
さっきとは刺激が違うので、更に感度が上がって来る。
このままでは、私は由紀先輩に負けてしまう。
必死に抵抗するが、そのフェラと乳首責めの前に身動きが取れない。

フゴッ!レロレロ・・・ジュポッ!フ――ッ!

喉の奥まで入れて、舌を這わせてシゴキを合わせる。
このテクニックは凄かった。
頭の中は真っ白になり、快楽で完全に支配されてしまっていた。
股間から激しい快感が湧きおこり、足がヒクヒクと痙攣して来た。

「ぁあああっ・・・ぁああ・・イ、イク・・イクッ―――ッ!!」

たっぷりと排出された精子を全部口で受け止めた由紀先輩は、
手でチンポをコキコキしつつ、そのまま私の上に這い上がって来た。
そして、口の中の精子をこぼさない様にして口を開くと、
次の瞬間、口を閉じてゴクリ…と喉を動かした。
もう一度口が開かれた時に中には何も残っていなかった。

「ふぅ――アキラくん・・・沢山出すんだもん~ビックリしちゃったぁ」

「フーフーフー」

激しいイキに私は答えを先輩に言い返せなった。

「じゃあ~これで私の言う通りになるのよ良いかしらぁ~?ふっふっふっ・・・」

誇らしげに私の前で勝利宣言をする由紀先輩を見た私は、
動けなかった体を引き起こすと、
由紀先輩はソファーの反対側に跳ね飛ばされてしまった。

「キャァ――ッ!と、突然どうしたの?」

私は次の瞬間、由紀先輩が予想だにしない行動をとったのだった・・・


次回へ続く・・・


如何でしたか今回のお話は?
由紀先輩の痴女責めにより、私はあっけなく敗退してしまいました。
このまま由紀先輩の言いなりにされてしまうのでしょうか。
この続きは、新年最初の更新で披露させて頂きたいと思います。

皆様、1年間応援・愛読して頂きまして大変ありがとうございました。
来年も「死ぬほど感じ隊!」を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、どうぞ良い新年をお迎えください。

                              地獄丸



本家


SM Blogも、絶賛連載開始しております!**死ぬほど感じ隊!**『とある快楽師の調教物語』もよろしく!
【お知らせ】

元祖!「死ぬほど感じ隊!」は、こちらをクリック!
死ぬほど感じ隊!の入口⇒http://zigokumaru69.blog.fc2.com/
別冊「死ぬほど感じ隊!」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)は、
ここをクリック
別冊入口⇒ 
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/
★地獄丸へのSM・快楽イキ地獄調教志願連絡は⇒ LlNE:zigokumaru
mail:zigoku69sm@gmail.com

これから志願する人は必ず調教の募集要項参照ください参考として観て下さい。すぐに出来なくてもOK。
 http://zigokumaru.blog52.fc2.com/blog-entry-8.html


【注意喚起】

ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。 当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい! 当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします ※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。 報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。 当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。


【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。   この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。 ※著作権法遵守について 2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。 違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。 詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。詳しくはこちらをクリック私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。 引き続き「死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事を、改めてお願 い致します。 
ローテティング G&Pスポットマシン
ローテティング G&Pスポットマシン


スーパーチャージセックスマシーン
スーパーチャージセックスマシーン

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://zigokumaru69.blog.fc2.com/tb.php/15-e8f36d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

地獄丸

Author:地獄丸
【全国快楽地獄責めの会】会長。
調教歴27年の快楽調教師です。実践と経験、医学的見知から立証された快楽のツボ開発をBDSMを基本に、最高最強のイキを与え続けた真実の過去の記録をダイジェストにてBlogで紹介しております。また、肉体面・メンタル面のケアも大切です。 フェチ・変態・SEXマシン責め・クリ肥大化・寸止め・連続イキ責め・快楽地獄責め・鬼電マ責め・緊縛・潮吹き・アナル責め・媚薬・完全拘束・ポルチオ/G・P・AF等スポット責め・鬼クリ責め 等、今までイケなかった人、イキの弱い人でも、SMを基本としたもので教授します。LlNE:zigokumaru / mail:zigoku69sm@gmail.com
【注意】ここの閲覧は18歳未満厳禁です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地獄丸推薦リンク
下記画像をクリックで別冊へGo!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
1日1回ワンクリック!

FC2Blog Ranking

地獄丸のBDSM SNSは画像をクリック
更新ランキング!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
11226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
484位
アクセスランキングを見る>>
地獄丸へ問い合わせ(画像をタッチ)


ご質問・ご相談は、こちらから
フォローミー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
相互リンク・バナー用
相互リンク・バナー用小 xzxczx 相互リンク・バナー用大 bccvcv
総訪問者様
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。